medisere メディセレ

TEL 06-6371-7711 FAX 06-6371-7733
〒530-0014 大阪府大阪市北区鶴野町1-9
梅田ゲートタワー11・12階

TOP大阪校TOP会社案内保護者の方へ採用情報アクセスお問い合わせサイトマップ

Medisereの夏期講習

「薬学部入学」≠「薬剤師」

6年制薬学部1期生の合格率は95%を超えましたが、はたして本当に薬学生のほぼ全員が薬剤師になれたのでしょうか。答えは「No」です。第97回国家試験は6年制に移行して初めて行われる国家試験でした。このためほとんどの大学薬学部、並びに薬科大学では、自大学の国家試験合格率を向上させるために、より厳しい卒業試験を実施し、国家試験に合格できると思われる学生だけを卒業させております。卒業試験だけではなく、各学年でも試験が実施され、進級のために低学年から各進級対策をすることが必要になっております。
さらに2010年からは文部科学省により、4年次に臨床薬剤師としての資質を確認するための共用試験(CBT※1試験、OSCE※2)が導入されました。5年次に薬局・病院実習(教習所でいうところの路上教習)にでますので、そのための仮免許試験に相当するのが共用試験です。
このように、国家試験という大きな目標の前に、確実に乗り越えていかなければならないハードルが増加しております。国家試験受験までに薬剤師になることを諦めざるを得ない学生も少なからずおり、すでに「薬学部に入学」=「薬剤師」という時代ではなくなりました。6年生薬学部1期生は、入学当時全国で11,000名にものぼりました。そのうち薬剤師になったのは73%です。
過去薬剤師国家試験合格率はこちらをご覧ください。

6年制1期生
(4年制は除く)
入学者数 合格者数 合格率
11,119名 8,182名 73.59%

※1 CBT:共用試験において、知識面を評価するコンピューターを使った試験。3つのゾーンで構成されており、全体で60%以上正解できれば合格。Computer Based Testの略。
※2 OSCE:共用試験において、技能や態度を評価する試験。Objective structured clinical examination(客観的臨床能力試験)の略。

 


1年制から6年制まで普通に勉強し、必要なタイミングに合わせて身に付けるべきことを習得できれば、進級、卒業、国家試験合格まで予定通りに進められるとお考えかもしれません。
しかし、各大学の卒業試験は国家試験と共に年々難易度が高まり、個人それぞれの対策では大変厳しい状況にあります。成績が常に上位にある場合は神経質になる必要はないと思いますが、下位30%前後に位置している場合は、意識的に試験対策に取り組む必要があります。

低学年時においては薬学の基本となる知識を幅広く学ぶことから、ここでつまずきがある場合には、その後の学習にも大きな悪影響を及ぼすことがあります。低学年に学習する有機化学や分析化学、物理化学は国家試験合格に不可欠な分野です。
しかし、私立大学薬学生の中には、高校時代に化学を履修していない、あるいは物理を選択していない学生が散見され、この分野を苦手とする学生が多く存在します。低学年の薬学生の意識は低く、ついついサボりがちで知識を習得出来ていないまま放置している学生が少なくありません。共用試験には何とか合格できたケースでも、国家試験ではこれらの科目で足切りに引っかかることも多いのです。スムーズに国家試験に合格して薬剤師になるためにも、薬学生となった時からその学年学年に必要な薬学知識を着実に習得していくことが求められます。

メディセレでは薬剤師国家試験は「通過点」だと考えております。大切なことはお子様が薬剤師として社会で活躍されることです。
そのために、一流講師による国家試験対策講義はもちろんのこと、一生使える知識や勉強法も指導しております。一斉の学習だけでは難しい各大学の試験に対しても、集積した情報と徹底的な個人成績分析を基に、「何が必要」で「何を優先」して学習すべきかなど、合格のためのあらゆる対策を個別指導しております。真の実力、応用力を育む教育を心がけています。

 


国家試験を突破するためには、お子様本人のモチベーションが非常に大切です。
そこで、メディセレでは日々の面談やガイダンスなどを通じて、定期的にモチベーションマネジメントを行っています。
心理カウンセラーの認定を受けた講師が常駐し、専属心理カウンセラーも週に3回出勤しており、精神面のサポートも充実させております。同時に、ご家族にも、試験合格のために必要な学習の進め方を保護者会でご説明し、お子様本人のモチベーションを保つための精神的サポートなどもお願いしております。
メディセレは、薬剤師を目指す薬学生とそのご家族をリードし、サポートして参ります。

 


大学によって多少の差異はありますが、1年次は教養、2〜4年次で基礎薬学と医療薬学を修得します。
4年次の年末から年明けにかけて各大学で共用試験が実施されます。こちらに合格しますと5年次に薬局実習、病院実習にでることになり、同時に卒業研究もこなします。
6年時には学位取得のための卒業試験があり、合格すると薬剤師国家試験の受験資格が得られます。

 

 
平成27年10月、厚生労働省より第101回薬剤師国家試験からの合格基準の一部改正が発表されました。
全問題(345問)への配点の65%以上を基本としていますが、さらに必須問題にも個別に合格基準が設定された二段階選抜方式となっています。必須問題(全90問)は70%以上でかつ、各科目30%以上得点していなければなりません。
各科目の必要最低点をクリアするためにも、不得意科目をつくらないように学習を進める必要があります。

<第101回薬剤師国家試験以降の合格基準(以下の全てを満たすことを合格基準とする)>

  1. 問題の難易を補正して得た総得点について、平均点と標準偏差を用いた相対基準により設定した得点以上であること
  2. 必須問題について、全問題への配点の70%以上で、かつ、構成する各科目の得点がそれぞれ配点の30%以上であること
科目 問題区分 出題数計
必須問題 一般問題
出題数 合格基準 薬学理論問題 薬学実践問題
(複合問題=各科目+実務)
出題数計 合格基準
物理・化学・生物 15問 各科目
30%以上
30問 15問(複合問題) 45問 60問
衛生 10問 20問 10問(複合問題) 30問 40問
薬理 15問 15問 10問(複合問題) 25問 40問
薬剤 15問 15問 10問(複合問題) 25問 40問
病態・薬物治療 15問 15問 10問(複合問題) 25問 40問
法規・制度・倫理 10問 10問 10問(複合問題) 20問 30問
実務 10問 20問 85問 95問
65問(複合問題)
出題数計 90問 70%以上 105問 150問 255問 345問 65%以上※1

※1 これまでの絶対基準を用いた合格基準でなくなることによる教育の現場や受験生の混乱を回避するため、当分の間、全問題への配点の65%以上であり、かつ、必須問題及び一般問題ごとの基準を満たしている受験者は合格となる。

 

 


卒業試験の実施形式や合格基準は大学ごとに異なります。
しかし、国家試験と卒業試験は全く関連のない試験ではなく、ほとんどの大学で国家試験と同様の形式を採用しています。また、形式が異なっていたとしても、薬学生として知っておくべき知識を問う試験ですから、国家試験に合格できる実力があれば卒業試験も合格できます。

 


copyright (C) 2007 Medisere.co.jp All Rights Reserved.  薬剤師国家試験 予備校 メディセレ