medisere メディセレ 川井 児島

TEL 06-6371-7711 FAX 06-6371-7733
〒530-0014 大阪府大阪市北区鶴野町1-9
梅田ゲートタワー12階

TOP大阪校TOP会社案内保護者の方へ採用情報アクセスお問い合わせサイトマップ

6月3日 第7回次世代の薬剤師を創る会開催!(1)

先日、現役薬剤師の勉強会「次世代の薬剤師を創る会」をリニューアルしたメディセレ大阪校で開催致しました。今回も大盛況で、90名を超える先生方にお集まりいただきました。

次世代の薬剤師を創る会は3部から構成しており、薬剤師研修センター認定のシールを3点取得できます。研修内容が充実していますので、半日という短い時間で3点取得が可能です。認定薬剤師を目指していらっしゃる方は、ぜひご参加下さい。

次世代の薬剤師を創る会は、早いもので今回は第7回の実施です。今回のプログラム構成は、以下の内容で実施いたしました。特別講演の西村周三先生のご講演はもちろんのこと、一般口頭発表の先生方のレベルも高く、すぐに実務で活かすことのできるものばかりでした。

第一部

一般口頭発表

  • 漢方のちょっと小粋な服薬指導 わに薬局 保井 洋平先生
  • 小児救急と薬剤師業務 神戸こども初期急病センター 打上 奈穂子先生
  • 病棟薬剤業務実施加算とこれからの薬剤師に期待されること
    市立堺病院 薬剤部主査 安井 友佳子先生
  • インシデント対策 慣れてきてから起こる間違いの原因について
    株式会社 祥漢堂 田中 映規先生
第二部 特別講演
「薬剤師と医療経済」
国立社会保障・人口問題研究所 所長 西村 周三先生
第三部 一般講演
「心理ワーク」
医療心理学協会 児島 惠美子先生

まずは、一般口頭発表から。
座長は昨年まで舞鶴共済病院薬剤部長を務められていた楠本 正明先生と、こちらも徳州会病院で薬剤部長を歴任された政田啓子先生です。お二人とも現在は調剤薬局で地域密着型の医療に携わっておられます。この口頭発表にふさわしい最高の座長をお迎えいたしました。

第一席は、わに薬局薬剤師、大津市薬剤師会理事でもある保井先生のご講演です。内容は、この勉強会でもたくさんご要望をいただく、漢方についてのお話です。

漢方はみなさまも御存知の通り、患者の症(症状や体質)を気・血・水、実証・虚証などのように分類し、治療薬を選択します。西洋医学とは全く異なった考え方ですので、現場の薬剤師の先生方も困った経験をお持ちの方は多いと思います。特に、実証か虚証かについては判断が難しいところです。体格や消化管機能などを診ますが、経験が少ない薬剤師にとっては判断が付かない場合が多いのが現実です。このような疑問に対して、簡潔かつ明快に答えるのが保井先生のご講演でした

一般に、体質改善などを目的として、漢方による治療を求めて来局される方は、虚証のように見えるが、実は「実証」の方が多いのです。まず、「体質を改善しよう」、「薬剤師さんに相談しよう!」という前向きな意志が有りますし、自分で歩いて薬局に来られます。このような方は実証です。これに対して急性期疾患のほとんどは「虚証」です。このような基準があれば判断しやすいですね。

そして、漢方薬は天然の生薬を元にしているものが多いので、「副作用がない」と誤解されがちです。そこで、注意が必要なのは妊婦や授乳婦への漢方薬の投与です。

妊婦、授乳婦に注意したいのは、ブシとダイオウを含有した製剤です。麻黄附子細辛湯、芍薬甘草附子湯、大防風湯、大黄甘草湯、桂皮加芍薬大黄湯など、結構数が多いので注意が必要です。妊婦で便秘改善を目的に、防風通聖散(ダイオウ含有)を服用されている方がいらした場合は、酸化マグネシウムに変更していただきましょう。

そして、時に服薬指導に困るのが、立効散や桔梗湯です。
立効散は歯科領域で鎮痛を目的に処方されることがあります。

添付文書には「口に含んでゆっくり服用する」とあります。このまま患者様にお伝えしたとして、おそらくピンと来ないでしょう。そこで、保井先生の薬局では「グチュグチュ、ゴックン」といったように指導されているそうです。確かに、これなら子供でも理解できますね。

また、桔梗湯の服用法も変わっており、こちらは扁桃炎などに対して、咽頭の消炎、鎮痛を目的に処方されます。もちろん、こちらは咽頭に作用させるほうがより高い効果が期待できます。



しかしながら、添付文書には単に「経口服用する」とだけ書かれているだけです。保井先生の薬局では桔梗湯の効果を最大限に発揮させるため、「ガラガラ、ゴックン!」と指導されているそうです。たしかに、こちらも大変わかりやすいです。保井先生の発表にはすぐに実務に行かせる情報がたくさんあり、日頃漢方を扱っていらっしゃる先生方からの質問も多くありました。

メディセレでは次世代参加者だけでなく、ご講演いただける先生方も募集しております。
発表していただける先生方はぜひ、メディセレスクール(小倉)までご連絡下さい。

一般口頭発表第二席は、次回のスクールライフで。お楽しみに。
medisere メディセレ お問い合わせ メール フォーム 資料請求 パンフレット
薬剤師国家試験 予備校 メディセレ
▲このページのTOPへ

copyright (C) 2007 Medisere.co.jp All Rights Reserved.  薬剤師国家試験 予備校 メディセレ