medisere メディセレ 川井 児島

TEL 06-6371-7711 FAX 06-6371-7733
〒530-0014 大阪府大阪市北区鶴野町1-9
梅田ゲートタワー12階

TOP大阪校TOP会社案内保護者の方へ採用情報アクセスお問い合わせサイトマップ

6月3日 第7回次世代の薬剤師を創る会開催!(3)

先日、現役薬剤師の勉強会「次世代の薬剤師を創る会」をリニューアルしたメディセレ大阪校で開催致しました。今回も大盛況で、90名を超える先生方にお集まりいただきました。

次世代の薬剤師を創る会は3部から構成しており、薬剤師研修センター認定のシールを3点取得できます。研修内容が充実していますので、半日という短い時間で3点取得が可能です。認定薬剤師を目指していらっしゃる方は、ぜひご参加下さい。

次世代の薬剤師を創る会は、早いもので今回は第7回の実施です。今回のプログラム構成は、以下の内容で実施いたしました。特別講演の西村周三先生のご講演はもちろんのこと、一般口頭発表の先生方のレベルも高く、すぐに実務で活かすことのできるものばかりでした。

第一部

一般口頭発表

  • 漢方のちょっと小粋な服薬指導 わに薬局 保井 洋平先生
  • 小児救急と薬剤師業務 神戸こども初期急病センター 打上 奈穂子先生
  • 病棟薬剤業務実施加算とこれからの薬剤師に期待されること
    市立堺病院 薬剤部主査 安井 友佳子先生
  • インシデント対策 慣れてきてから起こる間違いの原因について
    株式会社 祥漢堂 田中 映規先生
第二部 特別講演
「薬剤師と医療経済」
国立社会保障・人口問題研究所 所長 西村 周三先生
第三部 一般講演
「心理ワーク」
医療心理学協会 児島 惠美子先生

まずは、一般口頭発表から。
座長は昨年まで舞鶴共済病院薬剤部長を務められていた楠本 正明先生と、こちらも徳州会病院で薬剤部長を歴任された政田啓子先生です。お二人とも現在は調剤薬局で地域密着型の医療に携わっておられます。この口頭発表にふさわしい最高の座長をお迎えいたしました。

一般口頭発表第三席は、市立堺病院 薬剤科 安井 友佳子先生による「病棟薬剤業務実施加算とこれからの薬剤師に期待されること」です。

第一席「漢方のちょっと小粋な服薬指導」はこちら
第二席「小児救急と薬剤師業務」はこちら
平成24年度診療報酬の改定が行われ、「病棟薬剤業務実施加算」が新設されました。病院薬剤師の活躍が報酬として認められた画期的なこの報酬を、実際の業務をふまえ説明いただき、今後の病院薬剤師に求められる活動についてお話いただきました。

病院薬剤師の業務と言えば、入院患者の薬剤管理指導というイメージを持たれる方が多いですが、実際の病院薬剤師の業務はそれ以外にカンファレンスや会議への参加、チーム医療のデータ収集等・・・数多くあります。しかし、今までこれら業務が診療報酬に反映されることはなく、やっと4月の診療報酬の改定から「病棟薬剤業務実施加算」として算定できるようになりました。この「病棟薬剤業務実施加算」は病院薬剤師の悲願であったと安井先生はおっしゃいます。

「病棟薬剤業務実施加算」を算定するためにはいくつかの施設基準があります。
病棟薬剤業務実施加算を算定するには、1病棟・1週間あたり20時間、薬剤管理指導とは別で医療従事者の負担軽減及び薬物療法の質向上に関する業務を行わなくてはなりません。要するに服薬指導以外で、1日平均4時間の病棟業務が必要になります。

では、その病棟薬剤業務とはどのようなものでしょうか。

医療従事者からの相談応需、持参薬の確認及び投与計画を提案(カルテに記載)、投与前の相互作用の確認等が病棟薬剤業務に含まれます。しかし、日々の業務を病棟薬剤業務と薬剤管理指導に区別するのは難しそうです。では、どのように区別すればよいのでしょうか・・・

「病棟薬剤業務」:患者さんに薬物を投与する前に、薬剤師が薬の専門家として力を貸した場合
「薬剤管理指導」:患者さんの薬物投与開始後、薬剤師が薬の専門家として力を貸した場合

なるほど、分かりやすいです。この投与前の薬剤師の業務が「病棟薬剤業務実施加算」の対象と考えると、算定要件に必要な時間も数えやすくなりますね。
では、この「病棟薬剤業務実施加算」はどれほどの収益になるのでしょうか。

こちらは安井先生が勤務されている市立堺病院と同じ規模の病院(500床)のDPC導入施設で計算したものです。

  • 病棟薬剤業務実施加算のDPC係数は0.0067であり、年間約2000万円の収益が見込まれます。
  • 7対1看護のDPC係数は0.1006であり、年間約3億円の収益が見込まれます。

病院薬剤師の業務が評価され新たな診療報酬が新設されましたが、看護師の「7対1看護」と比較すると、DPC係数はケタが違い、まだまだ病院薬剤師に対する評価が低いと感じます。

確かにまだ報酬点数は低いかもしれませんが、病院薬剤師の業務は医療従事者からの相談に応じたりと重要なものも少なくありません。実際に安井先生が行われた病棟薬剤業務を紹介します。



残胃癌で、胃が閉塞状態の患者に、TS-1を使用したいが、経口服用ができないため腸瘻投与を検討しているが体内動態の違いが不安である。どうしたらよいか?と処方医から相談を受けた。簡易懸濁法にて腸瘻投与を提案、血中濃度も確認することに・・・
体内動態は経口投与とほぼ同様であることを確認、さらに退院後も患者自身で簡易懸濁を行い投与できるよう服薬指導を行った。

このような相談応需に限らず、病院薬剤師が「薬」を介してアプローチできる業務は多く、今後の病院薬剤師に求められる業務も増えてくることが予想されます。
求められる病院薬剤師を安井先生はこのようにおっしゃいます。

  • 薬剤の適切な選択、投与量、投与方法を医師に提案できる薬剤師
  • 副作用の発生防止、早期発見ができる薬剤師
  • 服用薬に関する患者教育だけではなく、医師、その他医療スタッフを教育できる薬剤師

これらの業務ができる病院薬剤師がサポートすることで、医師の負担を軽減し、医療従事者の教育により、さらに質の良い医療を患者に提供することができると考えます。

メディセレでは次世代参加者だけでなく、ご講演いただける先生方も募集しております。
発表していただける先生方はぜひ、メディセレスクール(小倉)までご連絡下さい。
演者、座長の先生方、有り難うございました。



medisere メディセレ お問い合わせ メール フォーム 資料請求 パンフレット
薬剤師国家試験 予備校 メディセレ
▲このページのTOPへ

copyright (C) 2007 Medisere.co.jp All Rights Reserved.  薬剤師国家試験 予備校 メディセレ