medisere メディセレ 川井 児島

TEL 06-6371-7711 FAX 06-6371-7733
〒530-0014 大阪府大阪市北区鶴野町1-9
梅田ゲートタワー12階

TOP大阪校TOP会社案内保護者の方へ採用情報アクセスお問い合わせサイトマップ

6月3日 第7回次世代の薬剤師を創る会開催!(4)

先日、現役薬剤師の勉強会「次世代の薬剤師を創る会」をリニューアルしたメディセレ大阪校で開催致しました。今回も大盛況で、90名を超える先生方にお集まりいただきました。

次世代の薬剤師を創る会は3部から構成しており、薬剤師研修センター認定のシールを3点取得できます。研修内容が充実していますので、半日という短い時間で3点取得が可能です。認定薬剤師を目指していらっしゃる方は、ぜひご参加下さい。

次世代の薬剤師を創る会は、早いもので今回は第7回の実施です。今回のプログラム構成は、以下の内容で実施いたしました。特別講演の西村周三先生のご講演はもちろんのこと、一般口頭発表の先生方のレベルも高く、すぐに実務で活かすことのできるものばかりでした。

第一部

一般口頭発表

  • 漢方のちょっと小粋な服薬指導 わに薬局 保井 洋平先生
  • 小児救急と薬剤師業務 神戸こども初期急病センター 打上 奈穂子先生
  • 病棟薬剤業務実施加算とこれからの薬剤師に期待されること
    市立堺病院 薬剤部主査 安井 友佳子先生
  • インシデント対策 慣れてきてから起こる間違いの原因について
    株式会社 祥漢堂 田中 映規先生
第二部 特別講演
「薬剤師と医療経済」
国立社会保障・人口問題研究所 所長 西村 周三先生
第三部 一般講演
「心理ワーク」
医療心理学協会 児島 惠美子先生

まずは、一般口頭発表から。
座長は昨年まで舞鶴共済病院薬剤部長を務められていた楠本 正明先生と、こちらも徳州会病院で薬剤部長を歴任された政田啓子先生です。お二人とも現在は調剤薬局で地域密着型の医療に携わっておられます。この口頭発表にふさわしい最高の座長をお迎えいたしました。

一般口頭発表第四席は、株式会社 祥漢堂 田中 映規先生による「小児救急と薬剤師業務」です。

第一席「漢方のちょっと小粋な服薬指導」はこちら
第二席「小児救急と薬剤師業務」はこちら
第三席「病棟薬剤業務実施加算とこれからの薬剤師に期待されること」はこちら
本来はあってはならないことですが、調剤のミスは薬剤師なら誰もが経験します。田中先生のご講演はこの調剤ミスが起こる理由を脳科学的な観点からとらえ、その防止策を提案するものです。

人間は必ずミスをします。これは人間の脳の性(さが)といってもよいでしょう。特にこの様なことが起こるのは慣れてきた2年目、3年目あたりです。
新人の頃は規格違いや、薬剤の事を知らずに適応のない処方を見逃したり…不要な疑義照会をして医師に呆れられたり。そんな経験をしてだれもが一人前になります。 皆さんにもお心当たりが有るかもしれませんが、一人前と認められ、一人で何でもできると周りに言ってもらえるようになってから、妙にミスが増えるように思える時期来ます。
これは、簡単に言えば「慣れたから」「うっかり見落としたから」ということになります。しかし、これでは問題を全く分析できておらず、解決策を打ち出すことができません。現場でよく起こる、薬剤の取り間違い、ご経験のある方も多いのでは…

「どうして、自分はミスをするのか」、田中先生は自問自答されたそうです。そんなときにある記述に出会われました。

人間は、文字数と言葉の最初の文字、最後の文字が合っていればその言葉を読めてしまう。

例えば、皆さん、以下の文章を読んでみて下さい

この文章、読めます。
しかし、よく見てみましょう。一文節目は、「例えば」ではなく、「たえとば」となっています。また、「文章」ではなく、「ぶんょしう」です。本来なら「んょ」は発音できないはずです。「しませんか?」ではなく、「しまんせか?」です。
脳は同じことを繰り返すとショートカットを勝手に作ります。このため、最初と最後の文字、文字数が合っていれば同一の単語と思いこむのです。構成する文字数が揃っていれば尚のことです。これが、「慣れ」の正体です。
これを知ればこの考えが原因と思えばアマリールとアルマールの取りちがえに対して、緊急安全性情報が繰り返し配布されたことも合点がいきます。このような間違いをしないためには、慣れてくる頃にこの習性を打ち消すようにすることです。
つまり、
「真ん中の文字を読む」
という習性をつけておく事です。最初と最後の文字は慣れてきても無意識で読みます。この部分を飛ばすと言うことは有りません。これはまさに薬剤師1年生の皆さんに知っておいて欲しいことです。これは何も調剤だけでなく、様々な仕事に応用できることだと思います。

メディセレでは次世代参加者だけでなく、ご講演いただける先生方も募集しております。
発表していただける先生方はぜひ、メディセレスクール(小倉)までご連絡下さい。
演者、座長の先生方、有り難うございました。



medisere メディセレ お問い合わせ メール フォーム 資料請求 パンフレット
薬剤師国家試験 予備校 メディセレ
▲このページのTOPへ

copyright (C) 2007 Medisere.co.jp All Rights Reserved.  薬剤師国家試験 予備校 メディセレ